blossoming of trees

2012年5月までは主にTOEICにまつわる記事。2012年1月にスコア910点。これから、日大通信教育学部で中高英語教員免許を取得すべく、勉強していきます。
<< 祝なでしこJapan! | main | Tactics for Toiec; Listening and Readubg Test >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    Haruki Murakami and Kenji Miyazawa
    0
      先になでしこの記事をアップしてしまいましたが、この前書いたHaruki Murakami
      についての記事に加えて、こちらも備忘のためアップさせていただきます。6月の記事で遅くて申し訳ないですが。。

      http://hanamaki.yuicco.com/?eid=273

      村上春樹さんの検索をかけているときに読んだ文章です。(日本語)

      それは日本が長年にわたって誇ってきた『技術力』神話の崩壊であると同時に、そのような『すり替え』を許してきた、我々日本人の倫理と規範の敗北でもありました。我々は電力会社を非難し、政府を非難します。それは当然のことであり、必要なことです。しかし同時に、我々は自らも告発しなくてはなりません。我々は被害者であると同時に、加害者でもあるのです」
       
       これはとても重い言葉ですが、私たちが「いわて・ゆいっこ」を立ち上げた時の思いと根っこの部分で重なりあっています。「いわて・ゆいっこ」は災害3日後の3月14日、花巻市内の有志十数人で結成されました。その時の私たちの共通認識には村上さんの思いの部分にさらに「なぜ、東北なのか」という問いかけがのしかかっていました

      この文章、ずしりと来るので、是非全文読んでもらいたいなあと思います。

      宮沢賢治といえば、イングリッシュモンスター菊池さんが紹介していたEconomistの記事も。

      http://www.economist.com/node/18587325


      宮沢賢治祭というのに私行ったことがあるのです。碑が立ったときで、たぶん2003年だったと思います。花巻出身の友達に誘われて、でした。
      そのときに、行く前に何か読もうと思って読んだのがこの方の英語訳。

      本当に良い翻訳はオリジナルを損なうことなく、むしろ理解を助けるものだなあと思いました。透明感のある、すばらしく美しい英語です。これのおかげで、宮沢賢治のそれまでの私のイメージ(雨にも負けず、のような貧乏たらしい、根性論みたいな)が払拭されました。
      | pukuchan | articles | 16:26 | comments(0) | - | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 16:26 | - | - | - | - |









            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        252627282930 
        << June 2017 >>
        + PR
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE