blossoming of trees

2012年5月までは主にTOEICにまつわる記事。2012年1月にスコア910点。これから、日大通信教育学部で中高英語教員免許を取得すべく、勉強していきます。
<< アンネとお茶を | main | 子どもはことばをからだで覚える >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    英語学概説スクーリング
    0

       今更感満載ですが、冬期スクーリングの英語学概説の感想をば。これから取られる方は先に書きましたレポートについての記事とあわせて参考にしてください。ただし、先生によってやり方、成績のつけ方は全く違うはずですので、あくまで、このときはこうだったということでご了承くださいませ。

      2月末〜3月初めのスクーリング。先だっての記事のように飛蚊症発症の失意のなか受けたのです。−−そのときのスクーリングがこれで本当に本当に良かった!

      定員オーバーで、突如設けられたクラスだったのですが、先生、とってもナイス!でしたよ。

      雑談というかご自分のことを少し自虐的に話されることが多かったので、苦手な方もおられるかもしれませんが、私としては、何かとっても癒されました。また、眼の調子がこんなだったもので、生まれて初めてといっていいくらい、大教室なのに、前の方で受けまして、授業への参加感が半端なくありました。おかげで、これまた生まれてはじめてくらいいろいろ質問等させていただきました。楽しかったです!!

      やり方としてはテキストを希望者が数行ずつ訳していく。その訳および、小テスト、最終日のテキストの一節の訳ーーこれはなんでも参照可ーーおよび出席が成績の材料となるとのことでした。

      私は最初、逐次訳が少々かったるくも感じ、できればテキストの内容について、つっこんだ内容の授業を受けたい、という希望もあったのですが、結果的にはやはり訳していくのは英語科の授業としては有益と感じました。どうやって上手に読んでいくかという練習にもなります。ありがたかったのは、先生がその都度、いろいろな参考文献を大量に挙げていただいたこと。教免とったらそのなかから一冊でいいから読みたいです。

      また、スクーリングのあった週にチョムスキーの来日などもあり、気分が盛り上がりました。その話を近くの席の方たちにしましたところ、そのなかのおひとりが先生にも詳細をお伝えしてらっしゃいました。

      自分の中ではテキスト中で一番関心があるのは統語論です。チョムスキーの名をこの英語学概説のレポートを書くまで知らなかったのですから。恥ずかしいと同時に、もっと勉強したい。先生が偉大な思想家100人とか、そういうリストの中に入っていてもおかしくないとおっしゃってましたが、その通りだと思います。難しいけど、原理は直感的でわかりやすいものだと思います。

      このスクーリングでは秋期スクーリングなどで出会いながら連絡先の交換などができなかったなあと悔やまれた方々とも再会できて、交換もできましたし、いろいろな意味で大変満足できるものになりました。英語学概説の成績もおかげでSを取れたしーー結果もついてきたので、よけいに嬉しいものになりました。
      影山 太郎,日比谷 潤子,ブレント デ・シェン,ドナ タツキ
      くろしお出版
      ¥ 1,728
      (2003-05-02)

      | pukuchan | - | 10:44 | comments(0) | - | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 10:44 | - | - | - | - |









             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        31      
        << December 2017 >>
        + PR
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE