blossoming of trees

2012年5月までは主にTOEICにまつわる記事。2012年1月にスコア910点。これから、日大通信教育学部で中高英語教員免許を取得すべく、勉強していきます。
<< 第4回科目習得試験受験 | main | 第4回科目修得試験 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    英語学概説
    0
      久野 すすむ,高見健一
      くろしお出版
      ¥ 2,552
      (2005-04-01)

      ---
      University of Chicago Press
      ---
      (2008-12-19)

       本日英語学概説記兇肇譽檗璽箸鯆鷭个靴討ました。これでスクーリング併用にできるはず!

      実は、音声学も併用のつもりでしたが、併用にするにはレポート2本出さなくてはいけないのですね。レポート一本とスクーリングで完結すると思っていた私。甘かった。科目習得試験って3日間のスクーリングに該当するのね。たしかに、かもしゅうはどこでるかわからないけど。スクーリングはお金もかかるし、おなじくらいらいの負担量かなあ、やっぱり。音声学もレポートしなおしなので、はてどうしましょうか。

      それはともかく、このテキストはとても良いです!正直、英語科教育法気鉢靴麓禊蓋鼎い里枠櫃瓩覆ったのですが、こちらの内容は自分が不勉強なこともあり、これを読むことで、目からうろこの、新しい、発見がたくさんありました。自分は汽瓮織侫 次▲瓮肇縫漾次▲轡優ドキ SVOO型とSVOA型 を選択しました。

      ひとつ思い出すのはこのブログをはじめた当初にも書いた、森田先生の単語特急2セミナーです。ルノアールで少人数でまったりやりましたが、そこで聞いた内容がぽつぽつ、今考えるとものすごい内容こかったなあ、あのセミナー。TOEIC勉もこうやって今につながってますよ。

      森田先生が、自分はメタファーが専門です、って確かおっしゃっていたような気がする。

      で、put O A とAを必要とする動詞もあるとか、なんとか。あの当時はアカデミック!って感激していたのですが、概説ででてくるようなことなのですね〜。でもね、意外とこの手のことって大学外にはでてこなくありませんか?

      もうひとつ、これは比較的最近の記事に書きましたが、白井先生の英語教師のための第二言語習得論入門。

      私はこれではじめて、SVOO型に「所有」の意味が含まれている、ということを知ったのです。

      このブログの記事抜粋2012.12.05

      実は、今まで書いてるかどうか忘れましたが、私はドイツ語の方が学習時期が先なのです。(小学生のころ)で、ドイツ語と英語の語順についてずっと疑問に思って来てーーー妊娠中にドイツ語を最後の機会と、勉強しなおしました。(ZDという初級レベルです)ーーーそれで、はじめてSOV-V2理論てのに、出会ったのです。ラジオドイツ語会話でなのですが。。(清野先生のころのラジオドイツ語会話のテキストからの抜き書きです)
      (ドイツ語は不定詞句だと)
      heute zwei Stunden Klavier spielen
      to play the piano for two hours today
      この句の並び方を見て分かるようにドイツ語と日本語の句の並び方は同じと行っていいほど似ています。
      どちらも動詞が最後にくるのが特徴です、目的語など、動詞と密接に関係する成文が動詞のすぐ前にきます。ーーーーー
      この説明で目から鱗でした。20年分!今ドイツ語勉強してる人は最初からこうしたことを教えてもらえてうらやまし〜な、というのはさておき。
      動詞と密接に関係する単語が動詞の近くにくる、よって、英語と日本語では動詞の位置が逆だから、目的語副詞については全く語順が逆になるーーーということだ、と英語についても目から鱗だったのでした。たとえば副詞の中でも英語は場所時間、日本語は時間場所 ドイツ語も同じです。これは場所のほうが時間よりも動詞に密接な関係がある、と考えられるため。
      英語のドイツ語学習サイトですとTMP(Time Manner Place)の順だ、などと書かれていることもあり。

      英語の語順についてのこの考え方を(今学生に少し教え初めているのですが)、こういうふうに教えていいかどうか、お墨付きが欲しかったのでした。で、先生に間違いではありませんか?と聞きましたら「それでいいですよ。間違えじゃないです」とのことでした。目的語は動詞に近い成分です、ということです。セットになっているという考え方もありますと



      こうしたことも、ちゃんとテキストにのっているのですね!むむ〜〜。自分が20年かけておぼろげにわかってきたことが、概説ででてくることだったとは。英文科にいっとくんだったなあ。と思うけど、しようがない。高校卒業したときは英語なんかぁ、という感じで背をむけてましたし、当時は関心がなかったものね。

      メタファーに関しては、推奨の参考図書すべてで引用されているLakoff and JohnsonのMetaphors We Live By、上記の私の関心のあった、Closeness Is Strength Of Effect

      の箇所を読みたくて、Kindle版をぽちっとしてまいました。Kidle最高です。すぐ読めるし、安いし、検索できるし、辞書ついてるし。あと、大事な箇所はハイライトがいっぱい入ってるから、そういう箇所をひろいよみすれば、大筋わかるし、レポートの友だわ。。((^^ゞ)技術書だけはたまに洋書を読むだんなは、なんでハイライトなんて入ってるのかと思ったら、そういうことか、と言ってました。。。(^^ゞ))

      そこしか読んでないのですが、面白いです。時間ができたら、これくらいは全部読みたいなあ。いや、今回の推奨参考書、全部読みたいです。


      あと、もう一点、以前やりとりさせていただきました、Yutaさんの以前のブログ、TOEIC原理主義で紹介されていた記事で、このブログ2012.03.23でも引用させていただいたNYTimesの記事

      http://www.nytimes.com/2012/03/18/opinion/sunday/the-neuroscience-of-your-brain-on-fiction.html?_r=0

      比喩表現を読んだ時の脳の動きなどに注目した記事です。Metaphorって言語処理エリア以外も活発化させるそうよ、ということが書いてあるのかと。

      こちらに関してはレポートでも引用してしまいました。本当は過不足なく書くのがいいんでしょうけど。たまにはちょっと毛色が違うのもいいのでは、と。楽観的に考えて。


      仕事がどうなるやらさっぱり先が見えないのですが、今は閑散期なので、とにかく今のうちに一つでも多くレポートを書こうと思います。とか、足組んで書いてたら、なぜか足首の靭帯いためちゃった。年だわねえ、とほほ。まあ、まずはかえってきた再提出分をぼちぼちしあげましょう。





       
       







      | pukuchan | - | 22:56 | comments(1) | - | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 22:56 | - | - | - | - |
        もう一点、テキストではじめてチョムスキーに出会いました。すごい大家なんですね。もしかしたら生成文法とは、もう古臭い理論なのかどうかわかりませんが、もう少しこの理論も一般にひろまってもいいのではないかという気がします。私などこの何年か英語と多少なりとも格闘していてさえ、まったくこの理論を素通りでしたから。大西先生の文法の本なども、この理論を知ってからだとわかりやすいようにも思えます。で、チョムスキーさん、沖縄に関してこんなこともNoam Chomsky criticizes Japan-US policy on relocating the Futenma base within Okinawa
        http://english.ryukyushimpo.jp/2013/04/25/10070/

        このレポートを書いてなかったら全く目にとめなかった記事だったと思うと、自分の無知を恥じるとともに、遅かろうと、この勉強を今できることはありがたい、と感じます。
        | pukuchan | 2014/01/16 4:53 PM |









          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        2728293031  
        << August 2017 >>
        + PR
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE